正常に勃起ができない症状のED(勃起不全)は、様々なことが原因で起こります。ED治療薬で改善が可能です。

ED(勃起不全)の症状と原因

ED(勃起不全)

このページではEDの症状や原因、改善方法などを紹介しています。

「あなたが本当にEDなのか?」
「何が原因でEDになったのか?」
「EDであった場合はどういう対処をすればいいのか?」

などの様々な疑問を解決してきます!

EDの主な原因は3つ

EDの原因は大きく分けて以下の3つのタイプに分類することができます。

EDの原因
  • 心因性ED(ストレスなど精神的な原因)
  • 器質性ED(神経や血管の問題など肉体的な原因)
  • 薬剤性ED(特定の薬の副作用が原因)

実際にEDになった場合、原因をどれか1つに特定することは難しく、これらの原因が複数組み合わさることが多いです。
EDに悩んでいる方は、まずは原因をしっかりと把握しましょう。

心因性ED(ストレスなど精神的な原因)

精神的な原因で引き起こされるEDを心因性EDと呼びます。心因性EDは以下のような出来事が原因となることが多いようです。

心因性EDの主な原因
  • 子作りへのプレッシャー(排卵日に妻から迫られるなど)
  • 仕事や人間関係などの日常的なストレス
  • セックスの経験不足による緊張

心因性EDは、肉体的には問題がない20~30代の若い世代に比較的多く見られます。
セックスに対する緊張やプレッシャーによって性的な興奮がうまく伝わらないことで引き起こされます。
EDを1度でも経験すると「また勃たたなかったらどうしよう」とさらにプレッシャーが高まり、心因性EDを悪化させることも多いです。

原因が明らかである場合はカウンセリングで改善することが多いですが、ED患者本人も気づくことがない潜在的な過去のトラウマが原因の場合は、治療が困難になることもあります。
なかなか改善しない場合、ED治療薬が効果的なこともあるので試してみましょう。
1度改善すると自信へとつながり、今まで悩んでいたのが嘘のように改善するのも心因性EDの特徴です。

器質性ED(神経や血管の問題など肉体的な原因)

器質性ED

器質性EDとは生活習慣病や加齢、手術や事故による肉体的な問題が原因で引き起こされるEDのことです。

器質性EDの主な原因
  • 加齢
  • 喫煙
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 前立腺がんや膀胱がんの手術

生活習慣の乱れや加齢は動脈硬化を引き起こすので血液の循環が悪くなります。結果的に勃起に必要な量の血液がペニスに流れ込まなくなるのでEDが起こりやすくなります。
器質性EDは50代以上の年齢の人に多いと言われており、若い頃と比べて徐々に勃ちが弱くなった場合はこのタイプのEDです。
また手術や事故によってペニス付近の血管や神経を傷つくことが原因でEDになることもあります。

薬剤性ED(特定の薬の副作用が原因)

薬剤性EDとは、日常的に服用している薬の副作用が原因で引き起こされるEDのことです。
下記の薬を服用している方に多いと言われています。

薬剤性EDの主な原因
  • 抗うつ剤
  • 精神安定剤
  • 睡眠薬
  • 向精神薬
  • 降圧剤など

薬剤性EDは素人では判断がしずらいEDですが、上記の薬などを服用してからEDになった場合は副作用によるものではないか確認しましょう。
このタイプのEDは服用している薬を変更するだけで改善に向かうこともあります。

EDの主な症状

状態 症状
軽度 ・勃起はするが硬さが十分ではない
・最初は硬いが硬さが長続きしない
中度 ・中折れしてしまう
・満足できる勃起が時々しかない
重度 ・勃起が維持できない
・全く勃たない

軽度~中度の場合】
軽度から中度の症状では、勃起が十分にできないことや中折れしてしまうことが挙げられます。
EDの初期症状としては、「勃起力がいつもより弱い」「勃起が長い時間維持できない」という症状が現れます。
朝立ちすることが少なくなったり、勃起時に「いつもと違うな・・・」と感じたら軽度のEDというサインかもしれません。

重度の場合】
重度のEDになると全く勃起が出来なかったり、勃起してもすぐに萎えてしまうことが挙げられます。
うつ病などの精神的な要因でもEDになることもありますが、血管の詰まりなどでもEDになりやすく、重度のEDの方にはメタボや糖尿病、心筋梗塞が起こる疑いのある方が多くいます。

EDの進行状態によって治療法はいくつかありますが、最も一般的な治療法が「ED治療薬」を服用することです。
ED治療薬は軽度~重度のEDの方まで効果的で、ED治療薬のおかげで多くの男性が救われています。
有名なED治療薬にはバイアグラシアリスレビトラなどがあり、医療機関・通販で手軽に購入することができます。

EDの改善方法

EDは改善することが可能です。改善方法はEDの原因によって異なるので、自分にあった方法を選ぶ必要があります。
EDそのものの改善に加えて、さらにEDの根本的な原因を解消することも大切です。

EDの原因を取り除く

>EDの原因を取り除く

EDの根本的な原因を解消することでEDを改善できる場合もあります。

心因性EDの改善方法
  • 原因となるストレスを避ける
  • パートナーにEDの悩みを理解してもらう
  • 専門的なカウンセリングを受ける

心因性EDはちょっとした事がきっかけで問題なくセックスができるようになる場合もあります。
EDは男性なら誰でも起こる可能性があります。相談できる人がいるなら我慢せずに打ち明けてみましょう。

器質性EDの改善方法
  • 脂質の多い食事を控える
  • アルコールや喫煙を控える
  • 適度な運動をする

器質性EDを改善するには生活習慣の見直しが必要になります。しかし加齢によってEDが深刻化している場合は、規則正しい生活を心がけるだけではなかなか改善につながらないことも多いようです。

薬剤性EDの場合は薬を変更する事でEDが改善する場合もあるので、常用している薬のある方は医師に相談してみましょう。

ED治療薬を利用する

ED治療薬を適切に服用する事で、簡単にEDを改善することができます。1度正常な勃起を経験すると自信にもつながるので、ED治療薬は心因性EDにも有効です。

ED治療薬の中でもシアリスは副作用や食事の影響が比較的少なく、マイルドな効果が長時間(最長で36時間)おだやかに続くので、ED治療薬が初めての人にもおすすめです。

シアリスは『医療機関で処方』してもらう方法と『医薬品通販サイトで購入』の両方の手段で入手することができます。

医薬品通販サイトで購入する場合は、正規品を取り扱っていて、薬の成分表が公開されている、安心できる通販サイトを選ぶ必要があります。
更に運営期間が長く、カードで決済できるサイトならまず問題ないサイトだと思って良いでしょう。

ED治療薬を医療機関で購入
医療機関で購入

シアリスを含めたED治療薬は泌尿器科やED専門のクリニックで購入することができます。これらの医療機関に処方してもらう場合、医師からEDの症状や服用の疑問に関する適切なアドバイスを受けることができる、といったメリットがあります。

デメリットとしては薬の代金以外にも処方料や診察料等の費用がかかることが挙げられます。
通院するときに誰かに見られるかもしれない、万が一通院がバレたら恥ずかしい、と考える人にとっては通院自体がストレスになるという事も考えられます。

ED治療薬を通販サイトで購入
通販サイトを利用して購入

ED治療薬は医療機関以外では海外医薬品の個人輸入代行サイトで購入する事ができます。海外医薬品と聞くと合法的なのかどうか不安に思う人がいますが、代行サイトを利用した薬の通販は薬機法という法律の下で認められた安全な行為です。

個人輸入代行サイトのメリット
  • 医療機関での処方よりも安い費用で購入できる
  • 自宅にいながら注文できるのでバレる心配がない
  • 格安のジェネリックも購入できる

通販サイトを利用すれば海外製の正規のED治療薬を医療機関で処方してもらうよりも安い費用で購入することができます。
自宅にいながら24時間いつでも注文できるので、EDである事を誰かにバレる心配もありません。

さらに通販ならではのメリットとして、国内の医療機関では手に入らない海外製ジェネリックを注文できるという点があります。
ジェネリックはシアリス、バイアグラ、レビトラといった3大ED治療薬の半額以下の値段で購入する事ができます。
シアリスのジェネリックならシアスマ、バイアグラならバイスマ、レビトラだったらバリフが通販で人気のある薬です。色々な薬を試して効果を吟味する事ができるのも通販の醍醐味です。

手軽でお得に薬を購入できる通販サイトですが注意すべき点もあります。
商品は必ず海外から発送されるので、注文から商品の到着までに10日ほどかかります。通販を利用する際は時間に余裕を持って注文しましょう。
また通販で購入した薬の服用に関するトラブルはすべて自己責任である事を留意する必要があります。健康状態や常用している薬との飲み合わせが気になる人は、ED治療薬を服用する前に医師に相談する事をおすすめします。

ED(勃起不全)の予防方法

ED(勃起不全)に1度なってしまうと場合によっては、根本的な改善は難しい場合があります。その為、勃起不全になる前に予め予防をしておくことで、なりにくい体を作り、なりにくい心を整えることも可能なのです。

ED(勃起不全)は生活習慣を見直すことで、予め予防することが可能です。

特に勃起不全の原因としてある器質性EDは、生活習慣が大いに関係しています。

若いうちから生活習慣を見直していくことで、年を取ってもED(勃起不全になりにくい体を作ることが可能です。

生活習慣の改善として主に見直すべき点は、食事、睡眠、運動です。また、心因性EDはストレスが主な原因にあります。その為、ストレスを軽減させることもEDの予防としてとても重要となります。

食事を改善してED(勃起不全)の予防

食事は健康な体を維持するのにとても重要な要素です。ED(勃起不全)は血液をサラサラにすることで、予防ができます。

その為、血液に良いとされる食事を意識的に摂ることをおすすめします。

魚類(特に青魚)、野菜(特に玉ねぎ、ネギ、ニンニクなど)、海藻類、納豆などは、血液をサラサラにする働きが高い食品です。

逆に脂っこい食べ物は血液の流れを悪くしてしまいます。ファーストフードや揚げ物などが好きな方は注意するようにしてください。

運動をしてED(勃起不全)の予防

運動不足は血行不良の原因になります。血行不良を起こすと充分にペニスに血液が送りこみずらくなってしまうため、ED(勃起不全)になりやすいのです。

その為、日ごろから運動を行うことで、ED(勃起不全)になりにくい体を作ることが可能です。

日頃あまり運動しないという方は、運動の習慣をつけるようにしましょう。

睡眠でED(勃起不全)の予防

睡眠もED(勃起不全)にとても関わりのあることです。睡眠中に男性ホルモンであるテストステロンが睾丸で分泌されます。

起きてすぐに起こる朝勃ちは寝ている間に溜まったテストステロンの影響によるものです。このホルモンは、男性がいつまでも若々しく男性らしくいるのに必要なんです。

テストステロンは性欲や性器の発育などにも影響を与えます。若いころ、日常的に勃起をしていたのはこのテストステロンが多く分泌されていたからです。

寝てる間にテストステロンは分泌されるので、出来る限る多く睡眠をとるようにしましょう。

特に夜中の10時から深夜2時までが一番多く分泌されます。この時間にきちんと睡眠をとることが、ED(勃起不全)の予防につながります。

ストレスを軽減させてED(勃起不全)の予防

ストレスもED(勃起不全)には大きな影響を与えます。ストレスを抱えていると心因性EDになってしまう原因になります。

また、精子はストレスに弱いとされています。

その為、出来るだけストレスを減らしてあげることも予防へとつながります。

ストレスの原因がわかるのであれば、出来るだけストレスにならないような工夫をするようにしてください。

ストレスが多い職場であれば、転職を考えたりするのも1つの方法です。
仕事は生活のために重要ですが、その結果辛いED(勃起不全)になってしまっては元も子もありません。

また、どうしてもストレスが溜まってしまう環境を改善できないのであれば、溜まったストレスを定期的に解消するようにするのも効果的かもしれません。

ED(勃起不全)は心の病気でもあります。余裕を持った気持ちでいることが、ED(勃起不全)の予防にとっては重要なのです。

亜鉛サプリでED(勃起不全)予防

亜鉛サプリ

手軽にED(勃起不全)を予防をする方法として、亜鉛を摂取する方法があります。

亜鉛が不足することで、血液がドロドロになったり、コレステロール値が高くなってしまったりします。

他にも、白髪が増えたり、筋力が落ちたり、疲れやすくなるなどの原因になるのです。

亜鉛を摂取することで、これらを改善することが可能なのです。

いつまでも若々しくいることで、体の健康はもちろんですが、男性の大切なペニスも健康でいられるようになるのです。そのサポートに是非、亜鉛を取り入れてみてください。

ED(勃起不全)の原因を知ることが重要

EDの原因

ED(勃起不全)には必ず原因があります。原因に合った対処方法があるので、まずはどうして自分がED(勃起不全)になってしまったかをきちんと知る必要があります。

今では、シアリスを筆頭にED治療薬が多種類あり、
EDの改善方法として、これらの薬を使うことも1つの手です。多くの方に使われており、勃起不全の改善に効果的です。

ED治療薬は、医療機関や海外通販サイト等で簡単に入手可能なため、お悩みの方は1度使用してみてはどうでしょうか。

女性に対して積極的に行動することができるように、お守り代わりに常備しておくのも1つの手段です。