その他

「仁王2」高難度ゲームですが実はアクション初心者でも安心して遊べます!

仁王2

戦国死にゲーとして名高い「仁王」の続編が、新たなストーリーと新要素を加えて2020年3月12日にコーエーテクモゲームスより発売されました。

死にゲーとも呼ばれる高難度なゲーム要素は、度々フロム・ソフトウェアの「ダークソウル」シリーズや「SEKIRO」と比較されますが、「仁王2」はご存じ戦国時代を舞台に人間と妖怪との戦いを描く分かりやすいストーリーとハクスラと呼ばれる成長要素、加えて3人までのオンライン協力プレイが可能など、アクション初心者の人でも非常にとっつきやすいシステムとなっています。

もちろん自信がある人は一人でステージを攻略するも良し、難度が高い分ステージをクリアした時の爽快感や満足度が非常に高いです。

さらに本作では新たに2種類の武器が加わることで全9種の性能の異なる武器が使用でき、加えて3タイプの守護霊と40種類以上の妖怪技を駆使することで幾通りもの攻略パターンを見出すことができます。

演出面では竹中直人演じる木下藤吉郎や、女優の波瑠さんも物語にリアリティと親近感を与えてくれます。

ただしあくまで仁王はダークファンタジーな世界観なので、人によっては妖怪が恐ろしかったり、音楽が暗いと感じる人もいるかもしれません。

「仁王2」は確かに骨太なゲームではありますが、それをサポートする親切なシステム設計、継続的に行われるバランス調整やDLCなど実は大変遊びやすいゲームに仕上がっています。興味を持たれた方は是非一度公式サイトや、プレイ動画などをご覧になってはいかがでしょうか。