その他

嘘つき姫と盲目王子を徹底レビュー!

嘘つき姫と盲目王子

日本一ソフトウェアから2018年5月に発売された作品です。

システムはステージクリア型のアクションゲームです。プレイヤーが操作するキャラクターは姫に化けた狼。

パズル要素を含み、プレイヤーは狼と姫の能力を使い分けて盲目王子であるNPCを導きステージをクリアします。

「ゲームと絵本のようなビジュアルの融合」を目指して作られたこの作品は、その言葉の通り絵本のようなストーリー展開とアナログ調のグラフィックが特徴です。

声優による朗読やページをめくる演出なども含め、しっかりと世界観が作られておりゲームシステムよりもストーリーや世界観を重視する人向にオススメする作品です。

音楽も良く、特に志方あきこさんによるED曲「月夜の音楽会」は嘘つき姫と盲目王子の世界観をしっかりと表現してくれた美しい楽曲です。

ただし、美しい絵本のようなこのゲームですが、悪い意味でも絵本です。ステージクリア型のアクションゲームなのですが、ステージ数は少なく難易度も低めです。パズル要素を含むアクションゲームを楽しみたい方にはオススメ出来ません。

世界観と志方あきこさんの曲に惚れ込んで発売日当日に購入したゲームでしたが、世界観などは大満足でした。ただ先に述べたようにアクションゲームとしては物足りなく、もう少しステージ数が多かったらよかったなと思うゲームでした。